? 精神科看護師の役割・仕事内容 | 精神科看護師求人ナビ

精神科看護師の役割・仕事内容

精神科看護師求人ナビ【※精神科で活躍しよう!】

平均的な年収は350万円程!

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる

精神科看護師の役割・仕事内容

他の診療科目と比較すると、精神科というのは特殊な科目という印象を抱く人は多いです。心という内面の病に対して治療を行うので、看護師の業務内容や役割も変わってきます。精神科看護師として仕事をするために大事なのは、患者さんの精神的な支えであることです。患者の気持ちを理解するように努力することです。医療行為を行うよりも、患者とじっくりと向き合って、相手が何を求めているのか、何を考えているかを理解するように努めましょう。そのためには、とにかくしっかりとしたコミュニケーションをして、人間関係を構築しましょう。最初のうちは警戒して、こちらがいろいろと話しかけても反応してくれないかもしれません。中には喧嘩腰で反応してくる患者もいるでしょう。それであきらめるのではなく、何度もコミュニケーションを図り、相手の心のドアを開かせるように努力するのが看護師の役割であり、最も重要な仕事内容です。

その他には精神科の患者の中には、日常生活で必要な行動がうまくできない人もいます。たとえば食事を一人でできないとか、トイレにいけない、洋服を自分で着られないなどいろいろな問題を抱えている患者も見られます。このため、患者の必要に応じて介助なども担当します。看護師としての仕事というよりも精神科の場合、介護に近い仕事の方がより多くのウエイトを締めていると思った方がいいでしょう。一見すると健康そうで、何でも身の回りのことは問題なくできるような患者でも実際にはできないケースもあります。このため、じっくりと患者を普段から観察しておくのが必要です。

精神科の患者の場合、いきなり発作や異常行動をとる人もいます。ですからしっかりと患者の観察をして、いつもとおかしなところがあればすぐに行動しましょう。目つきがいつもと違うとか、行動がおかしい、落ち着きのない行動が目立つといった場合には、迅速に医者に報告しましょう。

手術やガーゼ交換など、外科治療のある診療科目では看護師が担当するのも珍しいことではありません。しかし精神科の場合、このような外科的な治療を行うのはまれです。主に治療では薬の服用が一般的です。薬の種類もいろいろとあって、患者によって服用すべき量も変わってきます。薬剤師と緊密にコミュニケーションをとりながら、適正な薬の服用を指導していくのも重要な仕事です。患者の中には、誤って大量の薬を服用してしまうこともありうるので、こちらでも観察を怠らないようにしないといけません。


精神科看護師求人ランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★